Looking for a Sense of Authenticity

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

久しぶりに雑記

往復書簡としてnoteはしばしば書いているがこちらは最近遠ざかっていた。取り立てて毎日なにもない、ということか。気が向いたので雑記がてら書く。

週末、からだの疲労からかやる気があまり起きず、せいぜい掃除と洗濯程度の家事しかできなかった。できただけえらい。それくらい疲れ切っていたので、妻子との用事を断って整体にいくことに。行きつけのところが遠かったのと治療めいた感じにしたかったので、たまに保険治療で行くところに保険外でしっかりとからだを見てもらうことにした。

触診してもらって自分でも意識的になれたのだが、ガチガチ。首筋、腰回り、そして両足。つまりは全身。ここまでだれてしまった時ってどうしてたっけ。風呂でもあまり効果なかったし。ストレッチもたまにやる程度だから予防にならず。プロの必要性とありがたみを実感した次第だった。45分ほどじっくりともみほぐししてもらい、できたら翌週ももう一回きたほうがいいということでいま、60%くらいの快復感で日曜日を迎えている。

やりたいことがあって、そのために週末に時間をもらったのだが、どうも進まない。肉体がつらいと気持ちものってこない。たまに書いている気がするが本当に今回も実感している次第。食べ物も学生時代みたいにめちゃくちゃ。食べる気しないし食べるときにあるものを腹に詰め込む、というダメぶりである。なんつーか、家族を持つとそういうところは良いなと思う。自制が効くというのはあるな。独り身続きだったらどうだったろう。仕事にのめり込んでいたか、いや、もうトシだから辞めちゃって後悔していたかもしれないな。

も少し語るべき日常があればと思う一方で、相変わらず語らなくてもいいことを語り続けているソーシャルな世界だから無理する必要もないか、とここは相変わらずの備忘録としていく所存ナリ。あらあらかしこ。