Looking for a Sense of Authenticity

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

コンドゥクシオンと日本代表

「コンドゥクシオンと呼ばれる運ぶドリブルが非常にうまい」とか中西哲生がピピ中井卓大のことを称してて最近サッカーでぼんやり思ってたことがハッキリした感。

新しいサッカー日本代表の期待感が高いのは、特に三銃士とかビッグ3とか言われてる中島、南野、堂安が違いを見せてる感あるひとつに、この運ぶドリブルがあるのかなと。特に縦に運べる力が今までの選手らと違う感じ。武藤とか伊藤とか原口もドリブルで運ぶタイプではあるが、重心高くタッチ少なくアジリティというより走力で引き剥がす感じなので行き詰まる。

戸田の解説好きでサイトも見まくりチームとしての戦略の大切さは理解しつつも個の力としてのポイントはアジリティかつコンドゥクシオンなのかと思った。局面で崩すために特にフォワードには求められるなあと。

この前うっかりユーチューブで中田の全盛期映像見て沼にはまったのだが、コンドゥクシオンつながりで言えば、ペルージャ時代の中田はこの運ぶドリブルの鬼だった。本田との対談ビデオ見たら、点につながるプレイをしないと価値が高まらないからとにかく前を向いてボールもらって攻め上がることしか考えてなかったらしい。レベル差はあるだろうが、ビッグ3といわれる3人やかつての本田や香川と共通するのはこの決めまくるための縦への意識なんだろう。ああ、今こそ中田欲しい。でもそしたら南野見れないな。

きっと今代表では南野がハマらなければミーイズムとかって言われて後退するのだろう。しかし変わるアジリティある選手がいないから、ホント南野応援してる。という南野へのラブエントリーであった。

前目の選手では今後は鎌田あたりに期待かな。