Looking for a Sense of Authenticity

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

組織マネジメント系の記事とか喫茶談義

別会社にいるもと上司がインタビューに出ていた。上司のことはお世話になったし良いのだが、話している内容は心底どうでも良いと思った。組織づくりは国造り、みたいな。ホントそういうことを取材で話すとか一生ない。心底組織にアイデンティティを仮託したくないのだと意を新たにする。その前に取材もないだろうが。

今日は池袋で旧友と喫茶店談義。出会ってもう20年。ありがとうと思える。感性の鋭い人なので、その発言からハッとしたり本来感ある自分に気づいたりできる。今日はそこまで深くはないダベリ。であるが、ライフステージがお互い移行しているから、またその感覚も変わってきている。精度は下がっているかもしれない。だが、深みは増している。人生経験お互い積んできたからね。感覚論。