Looking for a Sense of Authenticity

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

SAYONARA Hatena Diary

書き連ねたダイアリーをどうするか迷うが、閲覧し続けられるならば、それなら良いかとも思っている。

決して熱心なダイアリーの書き手ではなかったが、大学時代の親友からはてダのことを聞いてちょこっと書いていた*1

個人的にはグループの存在が気になっている。消えて欲しくないし、アップデートしてくれたら本当に嬉しい。それこそはてなブログをベースにしたグループウェアになるならば最高。何年も思っているが、いずれそういう時がくるかも、と少し思っている。特に今回のリソース集中という意思決定の背後に構想があることを思いたい。

しかし、それにしてもなんだかんだでずっと続けて使っているサービスははてブはてブロ程度でもあるな。

*1:それは、入社後にID変更で移管してもらう際にどっかへ消えてしまった。多少惜しい気もするが当時も今もそこまでではない程度の執着ではある