Looking for a Sense of Authenticity

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

なにが己にとって大事か

もうすぐ40だし田口さんは昔会社で関係あったしで目に入ったので図書館で借りて読んでみた。

40代から人として強くなる法 (単行本)

40代から人として強くなる法 (単行本)

 

 


5分で手放した。このなかにあることは、きっとある人にとっては大事なことなんだろうが、俺には必要なかった。

ビジネスの世界でやるならこういうの読んで自己改造しなくてはいけないと思って20年近く自己啓発系の本とかを濃淡あれど読んできた。でも、不全感は晴れなかった。

むしろ、40くらいからは自己判断でなにが己にとっての価値であるのか、大事なのかをもとに取捨選択すれば良いのだなと確信した。かんき出版とか三笠書房とかはもう自分には違う世界だとやっと思えるようになるのかもねと思えた。今のお友達は有斐閣とか筑摩書房とか東大出版会になってしまった。

結局、適応では不全しか生まなくて競争ではなく自分の本来感、主観的ならしさを実感しなくてはならない。それには、役割でない環境に身を置かないと脳みそではわからないなと思った。育休というのは日本人の意識を一時的であれ中和してくれるのだろうと感じている。

組織はヒエラルキーである。そこだけでやってたらよっぽど適応厨にならないとやり抜けないだろう。認知療法的にとらえ方さえ変えればなんとかなるというのはもういいではないか。そういうことで、人生訓を読んで内省するよりはいろいろやってみて経験行動からなんか感じることしかないと思っている。とはいえ、細野晴臣の人生訓は響くから読むけどね。

 

あと、しいたけ占いのほうがためになるし面白かった。まあバイアス強化してくれるのが良いのかもね。

 

VOGUE GIRL しいたけ占い 2018 12星座と愛のさじ加減 (角川SSCムック)

VOGUE GIRL しいたけ占い 2018 12星座と愛のさじ加減 (角川SSCムック)