Looking for a Sense of Authenticity

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

意外と書くことがない

せっかくiPadシステムを構築したのに、あまり書くことがない。カジュアルに書けることを望んでいたのだが、たいして書くべきこともないことに気づいた。ツイッターはだいぶ前にbot化しているし、Facebookも面倒くさいのでたいしてポストしない。隙間のつぶやき程度であるので。

いまもただ眠いから目覚まし程度に書き心地を試しているだけである。膝上でだらだらと書けるのはいいのだが、特に語るべきことがない時にはそこまで重宝せんなあというように思った。ちゃんと研究したりoutputする必要があることをつくらねばor見つけねば。