Looking for a Sense of Authenticity

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

日常エッセイ

育児と現代社会の労働のハマりの悪さ

世間で喧伝されてる育児との両立は無理ゲーと当たり前にそう思ったりする。両立しながらなにもかもを最大化させるのは基本無理なのだろう。 会社では基本、アクセルをベタ踏みすることが求められる。向いた人、働き病な人に向いた世界。アッパーな。今日、関…

コンドゥクシオンと日本代表

「コンドゥクシオンと呼ばれる運ぶドリブルが非常にうまい」とか中西哲生がピピ中井卓大のことを称してて最近サッカーでぼんやり思ってたことがハッキリした感。 新しいサッカー日本代表の期待感が高いのは、特に三銃士とかビッグ3とか言われてる中島、南野…

FBよりTWTR

ティッカーシンボルで書いたがとにかくFacebookみなくなって劇的に精神安定した。どうでもいい自慢とか近況報告するくらいなら大事な人限定で眼前でお茶でもしたいものだ。情報ジャンクなのではてブは見てたが最近それもつまらなくスマニューは過剰、ヤフー…

新年 夏目漱石

今年の抱負などは特にないが、年始で漱石に興味が出てきたので漱石読書などをすなむとぞ思う。国文などほぼ接してこなかった。 漱石大全 作者: 夏目漱石 出版社/メーカー: 古典教養文庫 発売日: 2013/11/29 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る …

2018年末 ことしを所感だけで総括

今年も終わり。秋からとんと書かなくなった手帳を整理しにサンマルクへきた。今年までのポイントカード使い切りというケチさで。 ヘビロテのポップビールスを聴きながらざっと振り返る。そういや武蔵野サンマルクでも星野源に再開邂逅したんだった。サンマル…

人と会いたい、がエネルギー値が低いので迷惑かなと思ってしまうこの頃

主夫業はエネルギー値が低い。いや、家事育児でいろいろとやる必要があってエネルギーを発揮しなくてはならないから低いというわけではないのだが、処理を超えて自分から物事に能動的になるのが難しいのかもしれないと思った。今日は久しぶりにid:knagayama…

明治通りから漱石記念館まで

日記にしては長くなってしまった。それだけ心が動いた日。今週は週の半ばにひとりの時間ができたので、家事をそこそこに久しぶりに友人に会う目的で外出。活躍中のid:mtakanoさんとお食事した。話の流れでどんな仕事がしたいの?と聴いて、スッと世の中のた…

春樹ゾーン、嬉しいような悲しいような

良いことなんだろうね。俺がいたころになくて良かった、のかな。 まああっても、エンパクすら行ったことがない俺には素直に向き合うことは出来なそうではある。でも、文学がこの時代に持てる影響も、やはりあまり確信が持てない。 いや、集合的でなくて、ひ…

旧知の存在からもらった感情の揺れを忘れたくない

元気なようで良かった。 大切な人たちと面白い良いサイクルをうんでいくスタートラインに立っているようで、羨ましい気持ちも湧いた。彼自身はクリエイターでないかもしれないが、クリエイターにとっての素晴らしい伴奏者であり支援者。根っからの編集者であ…

久しぶりの映画館の効用

妻が子供同伴のセミナーに行ったので久しぶりに自分だけの時間が日中に持てたため、映画館に行くことにした。これまた久しぶりの新宿ピカデリーへ。何年振りだろう。新しくなってからは初めてだ。吉高とハマケンが共演していた婚前特急はピカデリーで見たよ…

20000歩とセンチ

早稲田から馬場、東中野にかけて徘徊。友人とは早稲田界隈をランチとお茶。ランチは15年前から入りたかつた店に。オムライスがうまかった。 お茶タイムはモジョコーヒー という店が流行っているみたいで飲む。アイスコーヒーというかbrewとかいうの。暑い日…

再起動中

しばらくぶりの更新。つまづきがあり、一ヶ月ほどそれ以来立て直しの最中。迷いが増えた。シンプルなストーリーでやっていけそうと思っていたが、人生なかなかそうはいかないもののようだ。朝から晩まで家事をしたり読書したり散歩したりワイドショーみたり…

星野源、『アイデア』を聴こう

8月20日に星野源の『アイデア』がリリースされた。惰性でもないけれど、あまり価格も確認せず、配信しか買えないならむしろ好都合とばかりに予約した。 はてブでも熱い感想記事が人気になったりしていたので詳しい解説はそういうものを見て貰うと面白いが、 …

現在の小説はある種健全なまでに趣味化した、というお話し

とても良い記事。そして小説というものの現在の立場もクールに書かれていた。 翻訳家・柴田元幸さん「教養を身につけても別に良いことはない」ぜんぶ引用したいくらいだが、まずこちらを。 —言葉の発し手も受け手もモラルがより必要になりますか。 「自分も…

まもなく、しばらくぶりの京都へ

来週、しばらくぶりの京都へ。大阪含めて関西へは一年弱ぶりだろうか。京都にいた時代の知人のツイッターみていてあれ、もう住んでたのが10年も前なのかと遠い目になる。大文字が見られる家を借りたのに滞在出来たのはわずかだった。まさかチョイより程度と…

7月になった、クオーターの振り返りもすなむ

あまりいままでは気にしていなかったが、6月終わりになると半年たったね、みたいなことがメディアでも言われているなあと思った。最近は主にラジオをメインにしているが、そういう内容も多かった。7月の初日から新宿御苑に行って家族でまったりした。いまま…

いい主夫の日

昼過ぎに心理統計の講義に出る。基礎の基礎だけど、苦手な量的分析なのでていねいに少しずつ鍛えていきたい。久しぶりに自転車に乗ったらチェーンが外れてしまった。もともと大学院から戻る際に自転車修理しようとしていたのだが、思わず往路でその羽目にな…

いまさら逃げ恥を視聴

もう2年近く前の放送だった逃げ恥を視聴。Paraviとかいうオンデマンドサービスが始まっており、4月中は無料で見られるとのことだったのでそちらから。久しぶりに連ドラを見る楽しみを思い出した。昔はドラマを毎週決まって楽しみに見ていたなあ。今はタイム…

サンマルクにて

1930から飲み会、妻方の、実家みたいな場所、の、ご近所にいると知った同僚と父になった懇親飲み。同僚も少し前に父になった。私はまもなく一か月。 職場の上司、ほかの同僚とともに義妹も誘ってみたり。昔からこういったごちゃ混ぜる飲みが好きだ。自分がハ…

2018/03/12育休スタートと橘玲の80’s

気づいたら、今年初の投稿となる。ブログタイトルを変えた。プロフィールも手直しした。 いろいろとそれなりに経歴も書いていたが、今の自分の気分ではないので匿名性を増した。飾り立てるほどのものはないが、示すほどのこともない。ただ、日常をつらつらと…

2017/12/30年の瀬

iPad Proを買ったが、そこまで使いこなすこともないままなので、古いApple keyboardを取り出してdisplay表示でブログってみる。smart coverのキーボードも悪くないのだが、わざわざPCライクに使うのもなかなかこれは味がある。 今年はあまりいけてない年だっ…

生きている実感

ほんとうに久々に感じたような感覚に。なんてことはない、懐かしさも交えて昔の旧友と話せたこと。広告時代の仲間とくちゃべっただけ。それでも一年以上会ってなかったから楽しい。いろいろお子さんもできたり状況は変わってる。でも、同世代的な連帯感が心…

ドメインがかわった(期間切れ)

ドメインがandragogyに変わって(戻って)しまった。プロプランを1年使っていたけどほぼ書かなくなってしまったので、もともとのブログドメインに戻ったと言う訳だった。 うーん、どうも続かない。たまに書くけど、書くことを中心のライフにしないと書き続け…

2017/09/09秋風さわやかなので散歩

秋風がさわやかである。日差しはあるが風が心地よい。お目当てのカフェがしまっていて萎えたが、気分を変えて近くのローソンでドリンクを買うなどした。そのまま外のテラスでお茶をしているが悪くない。iPadkeyboardを意味なく叩きたくなって開いてみた。い…

2017/08/20文京区散歩

比較的午前中はだらだらとしてしまったのだが、午後から散歩を兼ねて外出。東洋大学の図書館にいったことがなかったので行ってみた。昨日は立教大学の図書館にいったのだが、スコールにあってしまった。それはそれとして比較してみると、立教大学の図書館は…

iPad Proからのブログ入力テスト

iPad Proを買ったのでテスト入力をしてみる。しばらく前に買って使っていなかったApple keyboardを引っ張り出してきてつかってみる。変換操作にタブキーを使う派のため、ちょっと慣れるまではストレスがありそうだけど、それなりに入力しやすい。これに慣れ…

変え難きもの

心から、ああこれをやれることが幸せなのだ、ということに当たれることはきっと最高に幸せなのだろう。余分なストーリーとして、ただ、楽しいがくるしい、たのくるしいなどと言ってみたり、自由の代償の責任が伴うと言ってみたり、表現の差はあれど、そうや…

シンプルだけど大いなる気づき

どんだけ考えても感じてもやってることと楽しみを感じることが逆ベクトルだと気づいた。そしたら楽になってきた。そんな駒場のゴールデンウィークである。

なんてったって春

もう春。なんてったって春。わざわざ大阪きてぼーっとふりかえっている。今年度。 どんづまりでもなく、爆発してるわけでもない。だが、慣性にまた飽きてきてる。仕事だけには飽きてきた。春樹の新作小説のテーマみたいな感じ。ケリつけて人生後半戦にいかな…

とぎれとぎれ

研究日誌がかけてないのは研究してないから。迷い中である。が、少し考えて、決めてから走るのでなくとりあえずやってみるでないと、これは打開できそうにないと感じた。大きな枠はある。であれば、そこをつめていくしかない。その後のことは、そのあとで考…