Looking for a Sense of Authenticity

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

ナラティヴ

旧知の存在からもらった感情の揺れを忘れたくない

元気なようで良かった。 大切な人たちと面白い良いサイクルをうんでいくスタートラインに立っているようで、羨ましい気持ちも湧いた。彼自身はクリエイターでないかもしれないが、クリエイターにとっての素晴らしい伴奏者であり支援者。根っからの編集者であ…

久しぶりの映画館の効用

妻が子供同伴のセミナーに行ったので久しぶりに自分だけの時間が日中に持てたため、映画館に行くことにした。これまた久しぶりの新宿ピカデリーへ。何年振りだろう。新しくなってからは初めてだ。吉高とハマケンが共演していた婚前特急はピカデリーで見たよ…

20000歩とセンチ

早稲田から馬場、東中野にかけて徘徊。友人とは早稲田界隈をランチとお茶。ランチは15年前から入りたかつた店に。オムライスがうまかった。 お茶タイムはモジョコーヒー という店が流行っているみたいで飲む。アイスコーヒーというかbrewとかいうの。暑い日…

再起動中

しばらくぶりの更新。つまづきがあり、一ヶ月ほどそれ以来立て直しの最中。迷いが増えた。シンプルなストーリーでやっていけそうと思っていたが、人生なかなかそうはいかないもののようだ。朝から晩まで家事をしたり読書したり散歩したりワイドショーみたり…

現在の小説はある種健全なまでに趣味化した、というお話し

とても良い記事。そして小説というものの現在の立場もクールに書かれていた。 翻訳家・柴田元幸さん「教養を身につけても別に良いことはない」ぜんぶ引用したいくらいだが、まずこちらを。 —言葉の発し手も受け手もモラルがより必要になりますか。 「自分も…

JOIとやまがた

山形浩生×伊藤穰一「面白いものは探しに行くのではなくて、フィルターを外すと見えてくる」:『9プリンシプルズ』インタヴュー|WIRED.jp WIREDのアーカイブをアーカイブ。ツイッターで流れてきた。ちょっと古いようだが胸熱対談だった。 相変わらずの山形節…

つれづれといく先を想う

ぼーっとはてなブログの購読リストを整理する。寝る前になんだかダラダラとしてしまい。 登録ブログを遡っていて、今更に旧知の知人が京都に行っていたことを知る。それがいいと心から思う。彼にとっては京都は行くべき場所と思える。私にとってはかつて通っ…

職場と対話と忖度と

ちょっと燃え上がったので覚書程度に。スマホで書いたので疲れた。 だいぶ定着して意識高い人事とかマネジャーには普及理論的にキャズム越えな感じの職場の対話アプローチ。対話とか組織開発とかに関連して思うことをメモしてみる。リンク先記事に思うところ…

2017/12/30年の瀬

iPad Proを買ったが、そこまで使いこなすこともないままなので、古いApple keyboardを取り出してdisplay表示でブログってみる。smart coverのキーボードも悪くないのだが、わざわざPCライクに使うのもなかなかこれは味がある。 今年はあまりいけてない年だっ…

生きている実感

ほんとうに久々に感じたような感覚に。なんてことはない、懐かしさも交えて昔の旧友と話せたこと。広告時代の仲間とくちゃべっただけ。それでも一年以上会ってなかったから楽しい。いろいろお子さんもできたり状況は変わってる。でも、同世代的な連帯感が心…

今日読んだ記事をメモしとく(集団主義とか組織のこと/自分を出すってこと)

にたような似てないような話だけど、アンテナがここによったのでログがてら残しておく。「組織」を考える - 福澤ブログ 日本人は集団主義的だから組織での戦いには強い、という神話がありましたが、もうあまり信じる者はいない。今、あらためて「組織」が生…

変え難きもの

心から、ああこれをやれることが幸せなのだ、ということに当たれることはきっと最高に幸せなのだろう。余分なストーリーとして、ただ、楽しいがくるしい、たのくるしいなどと言ってみたり、自由の代償の責任が伴うと言ってみたり、表現の差はあれど、そうや…

なんてったって春

もう春。なんてったって春。わざわざ大阪きてぼーっとふりかえっている。今年度。 どんづまりでもなく、爆発してるわけでもない。だが、慣性にまた飽きてきてる。仕事だけには飽きてきた。春樹の新作小説のテーマみたいな感じ。ケリつけて人生後半戦にいかな…

INFPのI

なんのことやら、という感じかもしれないが、ユングのタイプ論をベースにした、MBTIという心理テスト?というか多様性理解のためのワークショップでの私の判定である。MBTIは外資系とか意識高い大手企業なら、一度はやったことがある、という感じだろうか。…

研究日誌じゃない2017/01/09

スマホ日記も久しぶり。年も開けた。年始に同行した人から聞いたり、そのほかに考えたことをメモしておく。 ブログを読まれたいならテーマに沿って書くとかタイトル工夫するとか、役立つための視点を持つ 蓄積は力になる。とくにブログでは。 自分が一番の読…

職場でのメンタル支援のむずかしさを自分語る

はりねずみさんのブログはたまに拝読しているのだが、今回のエントリーを読んでて自分もつぶやきたくなったので研究日誌以外に書く。 harinezumi.hatenablog.com 電通労務話がはてブでもバズっているし、やっぱりそういう労働環境は異常だなとは思う。カルチ…

研究日誌2016/09/30

★ 熱が出てしまい早退。約束していたセミナーに上司と出て、登壇していた、わたしの師匠を紹介した。 熱が出る中死にそうになりつつ、2時間師匠の講演会を聴く。素晴らしい内容だった。 授業はでれず療養中。紙で提出しないといけないが科目登録できるかなあ…

長い研究日誌2016/09/22

○ 雨ばかりだったので、読んでない論文と読んでない書籍をぱらぱらと読んだ。下読みレベル。これを進めようと思ったら論文の目的に合わせてよりアクティブに読まないといけないなという反省はある。読んだものは杉万グループダイナミクス系と上野直樹の状況…

定時退社と適応障害と

定時退社を久しぶりにやった。ほんと、こんなに早くていいのかと思うくらいだけど本来は普通のことなんだよなと。いまは考える時間が貴重なので意図的にワークライフバランス考えてやってみた。仕事も一段落している時期であるので。といっても、仕事のこと…

ノルウェイの森

何年かぶりに読んだ。古本屋行ったら100円以下で買える。昔売ったかなんかでまた買い直してみた。細かいところは忘れているけど、意外と色彩を持たない〜のようなリアリズムよりの文体で悪くない、むしろ心地よい感じだった。大学時代とリアルシンクロする感…

ボスの話

毎月の本部会があった。いろいろ趣向が凝らされて面白いし他部署のことが知れて勉強になる。最近はラストに毎回ボスの話があり、今日はマインドの話だった。ボスはラグビーの南ア戦のVTR流してチーム論を語っていた。正直、映像見るだけでうるっときた。トシ…

表参道21時、はてな訪問の後に。

表参道にてひさしぶりに千吉カレーうどんを食す、ために待っている。明日がおやすみなのでえいやと思い、表参道のはてなに立ち寄った。上長だったid:mitsukiさんにお会いした。お誘い受けて、行けそうな時間が夜で恐縮。暗くてじまんの根津美術館の庭を見れ…

大阪ブロガーのつどい

なんかの縁で大阪のブロガー集まりに呼ばれた。ペンギンはシロクマさんやイヌさんやなんやとご一緒できた。まーいまははてなではないし、ブロガーでもないのでたいしてコミュニケーションとれなかったけど、面白かった。日記ログだからたいしてなんもないブ…

河合隼雄と村上春樹の出会い

最近読んだ本でとても面白い相互記述に出会ったので記しておく。以下の2冊の記載が対照的で面白かった。河合隼雄の読書人生――深層意識への道 (岩波現代文庫)作者: 河合隼雄出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2015/04/17メディア: 文庫この商品を含むブログ (…

9月の夕暮れ

久しぶりに大学図書館にきた。夕暮れが心地よい。誕生日あけ、この時期の夕暮れの感覚が好きだ。暑すぎない風の心地が良い。なんか、ふいに名古屋の思い出が蘇る。たしか、初めてのボトムライン、BONNIE PINKライブだったような。勘違いかもしれないが。10年…

離れておもうこと

東京を離れてしばらくたつ。かりそめの時間だけなのだが、そのあいだに、誘拐犯はつかまり、株価は壊滅し、堀北は結婚した。疲れているからなおさら思ったが、大抵のことはやはりどうでも良いことなのだ。株価壊滅で痛手を負う面もあるのだが、生きる上では…

2015/07/30 早稲田にて

振替休日で、所用あって早稲田に。ルート変えてバスで向かったところ、大隈講堂前にて、偶然に良い発見をした。なんと大隈講堂にてジェイ・ルービンと柴田元幸講演があるとのこと。もう英文学から遠ざかって10年以上たつが、これも縁と、講演に出てみた。ぷ…

2015/07/27

武蔵野プレイスに日曜日にいった。武蔵野プレイスは包摂プレイス。久しぶりに心地よい空間にいた感じ。感覚的にはD&departmentにいるような感じ。素朴だけどあたたかい。また行ってみよう。生活ということを考えると、公共空間における活動はやはり大事だろ…

私事、空港にて

毎週のように赤い飛行機にのっていたが、今日は青い方。青はプライベート、というわけではないのだが、そうなってる。たまった有休のたった1日だけつかって連休にくっつけていく。たいして用もないのにしっかり休めないのは悪循環だな。行き先は毎度の関西。…

クリエイティブの、仕事

気になって知人が前にいいと言っていた本田亮さんの本を読んだ。最新刊があったから。40歳からの仕事で必要な71のこと作者: 本田 亮出版社/メーカー: 大和書房発売日: 2015/06/23メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 仕事柄、いろい…