Looking for a Sense of Authenticity

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

修行期

練習とかプラクティスが苦手な俺だが、あることをこつこつとやっている。脳みそのトレーニングみたいなもんか。外圧でやるタイプなのでセミナー行ったり、科目等履修生受けたり、最大なのは大学院行ったり。大学院は少し違うかな。 社会人の良い癖か悪い癖か…

つれづれといく先を想う

ぼーっとはてなブログの購読リストを整理する。寝る前になんだかダラダラとしてしまい。 登録ブログを遡っていて、今更に旧知の知人が京都に行っていたことを知る。それがいいと心から思う。彼にとっては京都は行くべき場所と思える。私にとってはかつて通っ…

アザールはハザード

と、早野さんがいつも通りダジャレで言っていた2018夏を俺は忘れない。 ハザードなエデンアザールのドリブルを見つけたので貼っておく。人のツイートを貼るのははじめてのような気がするが出来るか? Europe on Twitter: "フランス対ベルギー戦のエデン アザ…

大雨のせいで機会を逃すも、雨降って学び深まる

だいぶ久しぶりにid:inujinと会える機会が出来て楽しみにしていた。ランチをする約束で、そこそこ長い時間ご一緒できるはずだった。(そういや久しぶりにIDコールをするな) しかし、ここ最近の大雨で交通機関も止まってしまい、残念ながら会うことが出来な…

7月になった、クオーターの振り返りもすなむ

あまりいままでは気にしていなかったが、6月終わりになると半年たったね、みたいなことがメディアでも言われているなあと思った。最近は主にラジオをメインにしているが、そういう内容も多かった。7月の初日から新宿御苑に行って家族でまったりした。いまま…

まなざしに管理される職場 ー大野正和ー

なにかの本で言及されていて図書館で読んだ(読んでる)。まなざしに管理される職場 (青弓社ライブラリー (42))作者: 大野正和出版社/メーカー: 青弓社発売日: 2005/10/01メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 71回この商品を含むブログ (12件) を見る青弓社…

なにが己にとって大事か

もうすぐ40だし田口さんは昔会社で関係あったしで目に入ったので図書館で借りて読んでみた。 40代から人として強くなる法 (単行本) 作者: 田口佳史 出版社/メーカー: 三笠書房 発売日: 2016/06/24 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを…

料理デビュー人におけるクックパッドの優秀さ

昨日はスマホで疲れてがらにもなく真面目なエントリーを書いてしまった。 職場と対話と忖度と - Looking for a Sense of Authenticity あんなことを考えながら、後半生の学びとか生き方を考えているのであるが、そんなものはたまにで良いので、気分転換がて…

職場と対話と忖度と

ちょっと燃え上がったので覚書程度に。スマホで書いたので疲れた。 だいぶ定着して意識高い人事とかマネジャーには普及理論的にキャズム越えな感じの職場の対話アプローチ。対話とか組織開発とかに関連して思うことをメモしてみる。リンク先記事に思うところ…

育休ゴールデンウィークごろの日常

スマホログ。掃除、洗濯に加えて料理もすなるようになった。育児をしているような気はそれほどない。が、妻と娘と御苑で転がりながらHOSONO百景を転がり読む程度にはGWを楽しんだ。 生活をベースにしつつ、そろそろつぎの活動を準備していかねばと思う。 た…

いい主夫の日

昼過ぎに心理統計の講義に出る。基礎の基礎だけど、苦手な量的分析なのでていねいに少しずつ鍛えていきたい。久しぶりに自転車に乗ったらチェーンが外れてしまった。もともと大学院から戻る際に自転車修理しようとしていたのだが、思わず往路でその羽目にな…

テンポラリー大学院初日

久しぶりに科目等履修生という立場で健康心理学の講義に出席。オリエンくらいであとは導入講義とレジュメ担当分けで3時間弱。ストレス心理学は今更に興味がある分野なのでそれは良い。だが、なんだかなと思ったのは担当レジュメ分けをいい大人が20名強いるな…

いまさら逃げ恥を視聴

もう2年近く前の放送だった逃げ恥を視聴。Paraviとかいうオンデマンドサービスが始まっており、4月中は無料で見られるとのことだったのでそちらから。久しぶりに連ドラを見る楽しみを思い出した。昔はドラマを毎週決まって楽しみに見ていたなあ。今はタイム…

ルーティン化してきてちょっとデモチベーション

有休消化も終わって正式に育休期間に入った。休み始めてだいたい1ヶ月になった。開放感みたいな気持ちはだいたい2週間程度だったかな。やらなかった料理とかさぼってた家事もやってみたりして、高揚感あったが、日常のルーティンになってからはめんどくさい…

サンマルクにて

1930から飲み会、妻方の、実家みたいな場所、の、ご近所にいると知った同僚と父になった懇親飲み。同僚も少し前に父になった。私はまもなく一か月。 職場の上司、ほかの同僚とともに義妹も誘ってみたり。昔からこういったごちゃ混ぜる飲みが好きだ。自分がハ…

2018/03/12育休スタートと橘玲の80’s

気づいたら、今年初の投稿となる。ブログタイトルを変えた。プロフィールも手直しした。 いろいろとそれなりに経歴も書いていたが、今の自分の気分ではないので匿名性を増した。飾り立てるほどのものはないが、示すほどのこともない。ただ、日常をつらつらと…

2017/12/30年の瀬

iPad Proを買ったが、そこまで使いこなすこともないままなので、古いApple keyboardを取り出してdisplay表示でブログってみる。smart coverのキーボードも悪くないのだが、わざわざPCライクに使うのもなかなかこれは味がある。 今年はあまりいけてない年だっ…

シンプルな気づき

純粋に人の数が多すぎないことがストレスレスにつながると思われた。人が少ないオフィスで働いてみての感想まで。

生きている実感

ほんとうに久々に感じたような感覚に。なんてことはない、懐かしさも交えて昔の旧友と話せたこと。広告時代の仲間とくちゃべっただけ。それでも一年以上会ってなかったから楽しい。いろいろお子さんもできたり状況は変わってる。でも、同世代的な連帯感が心…

今日読んだ記事をメモしとく(集団主義とか組織のこと/自分を出すってこと)

にたような似てないような話だけど、アンテナがここによったのでログがてら残しておく。「組織」を考える - 福澤ブログ 日本人は集団主義的だから組織での戦いには強い、という神話がありましたが、もうあまり信じる者はいない。今、あらためて「組織」が生…

ドメインがかわった(期間切れ)

ドメインがandragogyに変わって(戻って)しまった。プロプランを1年使っていたけどほぼ書かなくなってしまったので、もともとのブログドメインに戻ったと言う訳だった。 うーん、どうも続かない。たまに書くけど、書くことを中心のライフにしないと書き続け…

意外と書くことがない

せっかくiPadシステムを構築したのに、あまり書くことがない。カジュアルに書けることを望んでいたのだが、たいして書くべきこともないことに気づいた。ツイッターはだいぶ前にbot化しているし、Facebookも面倒くさいのでたいしてポストしない。隙間のつぶや…

2017/09/09秋風さわやかなので散歩

秋風がさわやかである。日差しはあるが風が心地よい。お目当てのカフェがしまっていて萎えたが、気分を変えて近くのローソンでドリンクを買うなどした。そのまま外のテラスでお茶をしているが悪くない。iPadkeyboardを意味なく叩きたくなって開いてみた。い…

iPad Proのスマートキーボード書き込みテスト

フルピッチのiPad用スマートキーボードを買ってみて、それを10.5インチのものと組み合わせて使うというトリッキー仕様をしてみている。わるくない。膝上でも書ける。なんかの記事で、10.5インチものだけど12.9用のスマートキーボードをつけて書くという技を…

2017/08/20文京区散歩

比較的午前中はだらだらとしてしまったのだが、午後から散歩を兼ねて外出。東洋大学の図書館にいったことがなかったので行ってみた。昨日は立教大学の図書館にいったのだが、スコールにあってしまった。それはそれとして比較してみると、立教大学の図書館は…

指針メモ

理論やエビデンスを背景に示す でも、実態と乖離しないように現場のデータを用いる フレームワークをうまくつかう やってみて修正させるPDCA的にまずは一歩踏み出す めんどくさがらずにやる 創意工夫で楽しんでやる 勝手にやる。せいぜいが身内。生きていけ…

フェイスブックなるもの

昨日は上司と飲んでビューもないこのブログを見てもらってたらしくへえーと思い恥じるなどした。それはともかく。 フェイスブック見てて社交ツールすぎるやつがつまらなくなり、ガンガンアンフォローするなどしている。ツイッターが広がり切ったいま、ツイッ…

iPad Proからのブログ入力テスト

iPad Proを買ったのでテスト入力をしてみる。しばらく前に買って使っていなかったApple keyboardを引っ張り出してきてつかってみる。変換操作にタブキーを使う派のため、ちょっと慣れるまではストレスがありそうだけど、それなりに入力しやすい。これに慣れ…

変え難きもの

心から、ああこれをやれることが幸せなのだ、ということに当たれることはきっと最高に幸せなのだろう。余分なストーリーとして、ただ、楽しいがくるしい、たのくるしいなどと言ってみたり、自由の代償の責任が伴うと言ってみたり、表現の差はあれど、そうや…

伊丹空港にて

伊丹空港の搭乗ゲートくぐったら、そこには頭がパーソルの広告があった。 やっぱりwozとかの 働いて、笑おう って悪趣味。 はたらくを楽しむとか笑おうとかって、そもそも働くことはつらいことだってことなんだろうなと思わせる。そうだとして、だからこそそ…