Looking for a Sense of Authenticity

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

いい主夫の日

昼過ぎに心理統計の講義に出る。基礎の基礎だけど、苦手な量的分析なのでていねいに少しずつ鍛えていきたい。久しぶりに自転車に乗ったらチェーンが外れてしまった。もともと大学院から戻る際に自転車修理しようとしていたのだが、思わず往路でその羽目になりびびった。運良く立ち寄りを予定していたサイクルスポットの近くだったので事なきを得たが、時間予定が狂いかけた。結果的にはオンタイムだったが。

今日は夕刻後に久しぶりに餃子をつくることにした。育休中に餃子パーティをやりたいと思い立ち、久しぶりにつくることにした。大学で上京してお世話になった先輩に教わって、なんども作っていたが、まともにやるのは10年以上ぶりかもしれない。しかし、意外と覚えていたもので、あんの配合も悪くなかった。上司に聴いて買ったぶんぶんチョッパーが役立った!キャベツとにらのみじん切りに一番時間がかかるところが多少時短になり、クオリティも高まったのだった。

 

K&A みじん切り器 ふたも洗える ぶんぶんチョッパー BBC-01

K&A みじん切り器 ふたも洗える ぶんぶんチョッパー BBC-01

 

 

妻と武蔵野に帰っていた子供のあやしもうまくできたし、疲れた妻にかわって洗濯物もたたんだり、まともに主夫できた。とはいえ、今まではずーっとそれを俺よりも忙しい妻がやっていたのだろうから、お返しになっていないんだろう。家事を少しまともにやり始めて、ちょっと反省する日々である。

量を把握しておらず、餃子が余りまくったので明日の妻がやるお友達とのランチ会にいい顔して餃子提供するいい夫アッピールで攻めてみたいと思う。

f:id:shiraber:20180414225522j:image

テンポラリー大学院初日

久しぶりに科目等履修生という立場で健康心理学の講義に出席。オリエンくらいであとは導入講義とレジュメ担当分けで3時間弱。ストレス心理学は今更に興味がある分野なのでそれは良い。だが、なんだかなと思ったのは担当レジュメ分けをいい大人が20名強いるなかでグダグダと決められずに時間浪費しているのを見たことだった。正規生がさっさと決めれば良いのだが、誰もリーダーシップを取らない。仕切りたいくらいだったが、もはや育休モードなのでそういう気も起きなかった。システムの設定も科目等履修生はいまひとつスムーズでないので、初回担当も引き受けなかった。まあ一番時間ある俺がどこでもやればいいし、そもそも科目等履修生なんで、単位を強引にとりに行く必要もないのだが。
いろいろともやもやする点があるのは、育休モードだからか。あるいは、育休モードになりきれずに会社員的にイケてない感じにイラッとしただけなのかしらないが。まあ、正規生でないし、学費も単位ぶんのみで払っているので、その分をしっかりと得ることだけ考えようと思う。いろいろ逡巡しているが、心理そのものよりフィールドに今は興味があるというか、もともとそういう感じかな自分は、と思ったりもしている。育休中に学びの志向性もとい嗜好性のターンが起こりそうだ。

いまさら逃げ恥を視聴

もう2年近く前の放送だった逃げ恥を視聴。Paraviとかいうオンデマンドサービスが始まっており、4月中は無料で見られるとのことだったのでそちらから。久しぶりに連ドラを見る楽しみを思い出した。昔はドラマを毎週決まって楽しみに見ていたなあ。今はタイムシフトもあるし時間を有意義に使うという点では良いのだけど、毎週ある時間を楽しみに待つというのも良いものだろうなと思う。

ダラっとモードで日々過ごしている。約1ヶ月たった。少しずつやりたかった目標も思い出したり、どうやったら向かっていけるかなと考えてみたり。今日からは、科目等履修生で取ってみた健康心理学と心理統計をしばし学んで、久しぶりに世間との接点を少し持ってみる。新しい関係ではあるが。

宇多田ヒカル以来時代的なヒットはないものだなと思っていたけれど、恋ダンスの流行は多分に時代的なものだったろうし、まだまだそういうものって生まれてくるのだろうなあと思った。

 

ルーティン化してきてちょっとデモチベーション

有休消化も終わって正式に育休期間に入った。休み始めてだいたい1ヶ月になった。開放感みたいな気持ちはだいたい2週間程度だったかな。やらなかった料理とかさぼってた家事もやってみたりして、高揚感あったが、日常のルーティンになってからはめんどくさいなあという気持ちも湧いてきたりしている。

大学院は終了もとい修了し、あきらめかけていた2年間での修士号も取れた。論文も期せずして受賞した。アカデミックにはお作法的にもイマイチだけど、テーマが良かったのだろう。今週から3ヶ月ほど、心理統計と健康心理学というものを学ぶ期間にはしているが、あまり修行モードでもない。ちょっと忙中閑ありな感じになっている。次の方向性があまり見えない。活動休止中のアーティストってかっこよくいえばこういうことなのかも。

今までみていたメディアのシャットアウトは少しできたけど相変わらずソースがYahoo!ニュースとはてブという感じなので、せめてヤフーはやめたいこの頃である。はてブは残してでも。ニュースぴっくすとかもってのほか。意識高いビジネスマン向けのメディアにはさよならしたい。どうせなら意識高めすぎてBBCを見たい。たまに見ている。

近況をまじめに語るほどには内省的でもないので、やったことをリスト的に書いておく。

少し落ち着いたら、もう少し育休やら今後のことやら働き方やらエッセイを書いてみようと思う。もう少し時間は必要そうだ。

 

 

 

 

サンマルクにて

1930から飲み会、妻方の、実家みたいな場所、の、ご近所にいると知った同僚と父になった懇親飲み。同僚も少し前に父になった。私はまもなく一か月。

 

職場の上司、ほかの同僚とともに義妹も誘ってみたり。昔からこういったごちゃ混ぜる飲みが好きだ。自分がハブになり新しいつながりをつくる。

ハブになったことでの自己効力感が欲しいのかなと思っていたが、それだけではないようにも思う。純粋に楽しく面白がりたいからなのだろう。

少し予約時間を伸ばしてサンマルクで待つ。外は雨。雨の日はポイント2倍。一年前、何気に再び集めようとしてて捨てかけていたポイントカードは満タンになった。

サンマルクは知らない間に増えている。最初に入ったのは神戸の三ノ宮店だった。低価格でこんなに落ち着けるカフェが関西にはあるのか、とひたすら羨ましかった。チョコクロも名物と位置づけられていたので、記念に食べた。

東京では原宿に出来て名物化していたように記憶している。今では東京にも数多出来た。最寄駅にもある。

でも、立ち寄らなくなった。お店に責任はない。俺の周りにカフェ的なものが増えたし、家でコーヒーを淹れるようになったからでもある。

都心のカフェはいつも混雑しているけれど、武蔵野のこのサンマルクは広くて適度に空いている。今の自分のリズムにはぴったりだ。パラサイトな育休中だから、あやしたりオムツ変えたりする真似事意外にはまだ目まぐるしさはない。図書館で借りた星野源のエッセイをひたすら読み、感じ入るだけ。内省もしない時間。

まもなくみんなが集まってくる。会社に行ってない一週間で知らないことも増えているだろう。新人事も発表になっているらしい。そんなことは今の自分にはどうでも良いのだけれど。そのうち、育休でないけど、休職じみた期間があったから、昔の宙ぶらりん体験を思い出して書いてみようと思う。