読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらべない

<芸術は長く、人生は短い(Ars Longa, vita brevis)>

研究日誌2016/08/25

研究日誌

△だけど○の予兆

  • モヤモヤしていたが、まだ解消しきってはいないが昨日は研究指導あり、ヒントを得た
  • やりたいのはパラレルキャリア、つうか副業研究
  • 序論とかは書きやすいイメージなので始めてみようかなと。
  • 決まったことはプレスタディしてくることであった。

それにしても研究というのは方法論があるよう定り切ってない積み上げのものだなあと思う

研究日誌2016/08/23

研究日誌

×

まったくできていない日。

仕事で丸一日なにもできなかった。

研究日誌2016/08/22

研究日誌

△に近い○

  • 研究会テーマになりそうなのを帰り道で上司と話してて見つけた?か
  • 論文読めてないが、西村先生の論文を掘り出せた
  • 尺度について全く予備知識なく師匠につく必要を感じた

 

※メモ的に残していこうかと思う。手帳にするかはわからない。

 

フレームワークに頼らない、というフレームを活用したい本

むかしの所属先の本にはなかなか手が伸びないのだが今更にKindleで無料読み。

ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる

ブレイクスルー ひらめきはロジックから生まれる

未来図、突破口、具体案という図式は役に立つ。あと論理学からざっくりとビジネス版ナレッジにしてくれてるのは役立つ。ロジカルシンキングを街の思考、いわゆるデザインシンキングを森の思考という例えで書いてあってイメージしやすい。
文字がスカスカでさらさらと読めたが内容的には応用して使えそうな感じであるな。広告クリエイターの本やプレゼンはやはりスッキリして快感があるのだなと感じる。

ジョンシーリーブラウンの本だからと

読んでみたがピンとこなかった。

「PULL」の哲学 時代はプッシュからプルへ―成功のカギは「引く力」にある

「PULL」の哲学 時代はプッシュからプルへ―成功のカギは「引く力」にある

時代が古いのでいまやそうだよね感があるのと、このことに対して大した問題意識がもてなかったのでこんな感じ。アマゾンの宗像さん書評が興味引いた。
なぜ主婦友からなのかとか、たまにあるなぞの翻訳本であった。

ヨガは運動?

日常エッセイ

たまには普通の日記をば。夏休み期間で、まだ休んでいないながらに時間がちょっと出来たので、ヨガに行ってみた。
ご近所にプライベートスタジオがしばらく前にできていたので行ってみたというわけ。会員制でなく、思い立ったら
いけるチケット制というのが良い。

3回分のおためしチケットを買ってパワー系というのとビギナー系というのをやってみた。2回実施。
パワー系は、それでもビギナー向けだったようなのだが、なかなかにハード。。
ビギナー系も、きついポーズはしないながらに、地味に普段使わない筋肉を使い一定時間保つ系のことをやった。

ヨガはいわゆるスロートレーニングというやつか。運動ではないだろうとバカにしていたが、
汗はかくし筋肉は使うし、下手に走りこむよりも筋トレになるのかなとも思う。

腹回りを痩せたいものだと思うが、代謝があがれば冷えなくなっていいなと思う。
そんで、ふくらはぎのはりとか、肩こりも不思議なもので筋肉を酷使したほうが低減している気がする。

どれくらいのペースでやろうかというのは悩みものだが、週一くらいでやれるようになると良いのかなと思う。
たまに週二くらいのペースで。

*1

外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣

外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣

*1:ヨガで検索するとこんなわけわからぬタイトルの書籍もあるのだなあ。最近はマインドフルネスはやりでその関連での強調が増えているのかなあ